自分的ライブレポート『自画自賛』

3/21 川口リリア
楽団カーニバル2001マンドリンオーケストラ





本日は綺麗どころ満載の写真でお送りします(笑)
本日は川口リリアメインホールのロビーにて演奏を行ってまいりました。
わずか1曲の為にコントラバス持参というのは、少々骨ではありましたが、幾分不慣れなコントラバスでのアルコ(弓)演奏、場数が必要な私には、貴重な機会でありました。
正直、おかげでまだまだ音量が足りないことも明白に分かりましたし、新たに入った楽団の雰囲気を知る上にも、とても有意義な機会をいただいたと思っています。

さて、そんな今日の曲目ですが
<セットリスト>
ニューシネマパラダイスより「ナタ愛のテーマ」

コントラバスは全体の空気感とコード感(ルート音)を受け持ち、アルコでのロングトーンに徹しています。
マンドリンオーケストラでは常套手段ですが、この基礎が出来なくては、ベーシストとして、べーすを受け持つことが出来ない、最も基礎にして重要な役割です。
緊張は無いのですが、それとは違うプレッシャーを重々に感じての演奏でした。
また、幾分新参者なので、一緒に弾いた奏者の方々を十分に把握しておらず、メンバー的にも、音量や音質なども把握できていなかったので、自分の役割が十分に果たせたかというと、課題の多い演奏でしたが、幕間演奏のアイデアや、他団体の演奏現場を見れたことは大きかったですね。
思いのほかお客様も来ていただけて、光栄でした。
楽器や譜面だけ見つめて弾くことの無いよう努力はしたのですが、実際にはお客様をなかなか見ることが出来なかったのも、反省点です。
やはり、エレベでのライブに比べると、まだまだ未熟であると同時に、エレベに関しても初心を忘れてはいけないなと、自身に思い起こさせる、良い機会となりました。

最後にはなりますが、これを機会に6/10の演奏会に興味を持ってくださった方が、一人でも多くいたら幸いに思います。
メンバーの皆様、関係者の皆様、そして足を運んでくださった皆様に感謝したいと思います。
ありがとうございました。


Photo by bee